おしゃれ好きの女性のファストファッション

image

おしゃれ好きの女性はショッピングにもこだわりを持つ方が多いです。気になる服を選ぶとき、価格を確認せず購入される方は変わっているのではないでしょうか。MUJIやOUTLET-Jのようなファストファッションは、価格帯を安くし、特にユニクロでは、週末にチラシを掲載して、値段を下げていることをウリにユーザーの数を増加させています。

しまむらでも値段が安く、たくさんの可愛い服に囲まれたい、10代や20代の女性向けのファッションを提案しています。買い手は価格意識が高まり、選択眼はますます厳しくなっています。可愛いだけでなく、品質も良くお値段も低価格がいいという購入層が存在します。

高品質かつ低価格な服を買おうとしている人たちは、魅了ファッションを意識したり、特売日に殺到したりします。前よりも海外ブランドを求める傾向は減りブランドのネームバリューより、可愛く、高品質、価格も重要という傾向が、スピードアップしています。バブル崩壊後の不況でデパートのバーゲンの時期も先取り意識の高まりがある。

今まで正月のバーゲンも、12月からセールを実行し始めているところもあります。それとは反対に、小学生のブランド服の値段は高いものの人気があります。

これは、少子化の影響を受け、祖父と祖母の世代が団塊の世代で、親世代である団塊ジュニア世代に多いです。昔より少ない人数の子供・孫に可愛らしい服を買ってあげたいという気持ちと、小さいうちからオシャレにという親の気持ちに表れています。また、ユニクロでも、着々と、高額で高品質の商品が増加しています。もちろん、デパートのような数万円以上の商品はまだありませんが、カシミアセーターや、コートなど、決して値段が安いとは言えないものの占める割合が高くなっています。最近までの高所得者は以前ほど高級なブランドにこだわりがある人が減少し、服装にお金をかけない女性も増えてきました。

この層に狙いを定めると、少し値段が高くても、百貨店より安いので購買につながるケースが多いです。

最近、不景気も改善しつつあります。物価も上がり、ファッションも時流には逆らえないでしょう。好況期のような極端な状況になりませんが、これまでの価値観が変わる可能性もあります。そういっても、価格をなんとも思わない女性があっという間に減ることはないでしょう。